東京ガイド - 東京観光案内
東京観光ガイド
東京/観光 トップ?>>?築地・月島・晴海?>>?もんじゃストリート?>>?もんじゃ焼きの話

もんじゃ焼きの話

もんじゃ焼きの話

 月島もんじゃ

 もんじゃ焼きというのは知ってると思いますが、小麦粉を水に溶かした物にキャベツとか桜エビとかを混ぜそれを焼いたような物です。それだけだとお好み焼きにも似てる感じもしますが、お好み焼きと違う点は、もんじゃ焼きは具が大半を占める点、ソースはかけるのではなく初めから生地に溶かしてある点、水っぽい点です。

 もんじゃ焼きの名の由来は、江戸時代の寺子屋かもしくは明治時代始め、紙を手に入れることが難しかったため、うどん粉を水で溶いたものを鉄板にのせて、そこに文字を書いて文字を学んだことから、「文字焼き」→「もんじやき」→「もんじゃ焼き」となったという説が有力です。

 もんじゃ焼きは 駄菓子屋で売られていた物でそのころのもんじゃ焼きはうどん粉や小麦粉を水で溶いて、軽く味を付けた程度の子供のおやつで、初めはソースで味付けではなく、あんこ玉やキャベツが入っている程度の物だったそうです。いつしか具も豪華に魚や肉が乗せられるようになりもんじゃ焼きやまでできるようになりました。ちなみにある店ではフルーツもんじゃという物があり、それには生クリームやイチゴ、バナナなどがのっています。

 もんじゃ焼きとしてもっとも有名な町は月島です。月島にはもんじゃストリートという通りがあり月島で作るもんじゃ焼きは、具で土手を作り、その中に生地の液を流し込むという物でこれは「月島流」の作り方です。土手から生地の液が流れ出ない用にするのが難しいです。

 「月島流」の他には「千住流」と「向島流」があり、「月島流」が「水焼き」と呼ばれるように焼く前の生地は完全な液体なのに対し、「千住流」は「ぼった焼き」とよばれるように生地の粘性が強いためボッタボッタと鉄板に落として焼くのが特徴です。そのため土手を作る必要はありません。千住流のもんじゃ焼きは北千住や町屋、日暮里などで食べられるようです。月島もんじゃストリートに対抗し、あらかわもんじゃタウンを形成しています。

 もんじゃ焼きは関東の特に東京の下町だけで作られたようで、関西方面にはなかったようです。

東京/観光